千葉半厓 展

平成30年10月12日 ~ 11月26日

開館は期間中の金・土・日・月曜日と祝日  10:00~16:00



千葉半厓

……戦後、書壇は混沌の中で伝統と旧弊打破との葛藤、離合集散の坩堝……千葉さんは将来を察知し、いち早く宇野雪村の門を叩き、ひたすらに精進を重ねて今日の基底をなした…… 昭和25年後半より30年代……錯綜躍起の中で書の美の追求、現代書発表を核としながらも芸術の本質等、その周辺の禅、茶、絵画、彫刻、工芸の分野に視野を広め連鎖関係を感受して、人と芸術、人間性、思想、主義、情熱等多くの先輩達との交流を深めて常に源流探索に傾注した。中でも曽宮一念への敬慕とその親交はよく知られている。それらが絆となり自らの叡知として自画像、自己浮彫に磐石のオリジナリティを確立…… ……瞬発、簡潔、形象と流動一体化の作風と実験行為は見る、語る、触れ合う人の五感をゆり動かす魅力となって注目されている。( 『千葉半厓作品集』「讃 稲村雲洞」より )

ちばはんがい 略歴

昭和 6年 福井県坂井郡兵庫村(現、坂井市)生まれ
昭和27年 福井大学教育学部卒業  福井県内の公立小、中、高校に教諭として勤務(平成4年退職)
昭和29年 宇野雪村に師事
昭和34年 第8回奎星会展奎星賞 奎星会同人
昭和45年 第22回毎日展審査会員推挙 県書展、県美展審査員
昭和48年 第25回毎日展審査員
昭和52年 敦賀書人会々長
平成 元年 福井奎星会々長
平成 2年 若狭湾美術展企画発起人、若狭湾美術作家集団結成
平成 4年 福井県文化賞
平成12年 福井県書道文化賞
平成25年 文部科学大臣文化地域功労賞

現在

・毎日書道展名誉会員
・全日本書道連盟評議員
・福井奎星会名誉会長
・福井県書作家協会参与
・敦賀書人会名誉会長
・若狭湾美術作家集団代表
・玄々社主宰
福井県敦賀市在住



 

きらりアートの6人

平成30年8月17日 ~


きらりアートの6人

中西軍治
坪内一真
江戸雄飛
武田千香
田中鉄也
田中さかえ

 

6人は若狭に暮らし、若狭ものづくり美学舎の「きらりアート部」で制作しています。また6人とも、平成22年から毎年開催されている「障がい者アート 公募 きらりアート展」で大賞などを受賞しています。



 

長谷光城展

平成30年8月17日 ~ 10月8日


Trace of Wrapping Iron

Trace of Wrapping Iron BI   2017
Trace of Wrapping Iron CII    2017
Trace of Wrapping Iron AIII    2017

1977年……木とロープによる二物との関係と位相の記しを残した造形作品に取り組み、その後、木とロープの関係をより示すために鉄板も用いました。……1978年、丸太を山から切り出し、木そのものを問う作品を制作し、山に帰して展示。自然木の切り出しから朽ちるまでの過程を展示した……

「Trace of Wrapping Iron」シリーズは、それらの作品と同時期に始めたものです。

使った鉄板を外に置いていましたが、その鉄板が錆びていきました。鉄板に興味を失っていたものの、その錆びていく姿に目が向きました。モノが産み出されて朽ちて無くなっていく過程をとどめた作品をつくりたいと思いが強まりました。また、モノが朽ちていく時間への関心もありました。

造形とは形を造ると一般的に思われていますが、形にいたるとも解されます。自然の営みのように、水の流れが長い年月をかけて丸みがかった石を造りだすように、結果としてそのモノの形が造りだされるような制作をしたいとの思いもありました。

綿布を鉄板に巻き野外に置いて……半年間ほど経った時、綿布に鉄錆が浮かんできました。その綿布を広げた平面作品……

今回(2017)の作品は、鉄板に釘など身近にあるものを用いて、「Trace of Wrapping Iron」シリーズを深めたものです。

( 「跡~ 韋天瑜/長谷光城 芸術展」(上海・梧桐美術館 2017)での、長谷、自作を語る講演の草稿より )

長谷光城( ながたに みつしろ 1943〜 )

美術作家・教育者・地域の文化活動リーダーとして長年継続的に多彩に活動中。近年は「若狭美&Bネット」を立ち上げ、多機能教育施設「若狭ものづくり美学舎」、障がい者作品公募「きらりアート展」、「熊川宿若狭美術館」等を開設するほか、若狭町、美浜町の文化政策アドバイザーも。また、幼児の絵画と造形「いのちかがやく子ども美術」、中国上海の美術家や美術館との民間の文化交流等でも、国内外で多方面に活動を展開中。熊川宿若狭美術館館長。
作品は、木・紙・石などで主に自然とヒトの営みの関係、生死や精神性、時空を語る。近作では東日本大震災、津波災害をモチーフにした連作が鮮烈。 福井県若狭町在住。



 

いのちかがやく子ども美術展

資料動画映像
「描画活動と造形遊びの現場」上映

平成30年8月17日 ~


自然とのかかわりを重視した、自由で豊かな環境の中で「感じる」ことと「表す」ことを絶え間なく繰り返す子どもたちの世界は「アート」そのもので、感覚総体のリアリズムです。その子の「生きている喜びのかけがえのない痕跡」。そんな絵画や造形遊びが生まれる活動の現場を、動画映像で紹介(展示)します。



 

現代美術 斎藤義重

平成30年8月17日 ~


現代美術 斎藤義重

反対象    1976
作品 (青)    1962

1960年代から70年代にかけて、最小限に切り詰められた美術:「ミニマリズム」で世界的に現代美術が活性化し、新しい空間が提示されました。絵画でも彫刻でもないレリーフ、中心のない構造、時と時間で作品空間を構築する「時空間の仮設装置:インスタレーション」等で時代を先導し、その晩年まで活躍した重要な先駆者が斎藤義重です。



 

information 長谷光城展

平成30年8月17日 ~ 10月8日

開館は期間中の金・土・日・月曜と祝日【※ 火・水・木曜は休館 】

開館時間 10時~16時30分 《 入場無料 》



 



訂正 お詫び
「印刷、配布しました展覧会の案内チラシ」のウラ面で、「長谷光城展」会期を「8.17~10.18」と誤って印刷してしまいました。正しくは「8.17~10.8」です。訂正し、お詫びします。(*このHP上の案内チラシ画像は訂正済みです)