岡本隆多 展 & 武田千香 展


武田千香 展


武田千香 たけだちか

宿舎の仲間の美術活動に刺激を受けて、自分で購入してきたクレパスを使って、畳の上に画用紙を置き、畳の柔らかさを楽しみながら絵を描き始めた。
画家・草間弥生を真似て、赤毛のかつらを着け、絵かき気取りで気持ちを高めて「千香ちゃんワールド」を浸って制作に没頭する。題材は、今は亡きやさしい父母のもと過ごした温かい家庭生活を思い出し、体験した行事を懐かしみながら語り、絵に描く。
仕事が休みの日には、自分の部屋でコツコツと終日、制作に取り組む。絵を描くことが彼女の喜びとなっている。

1977年生(昭和52)若狭町在住
2014年 第5回きらりアート展 きらりアート賞
2015年 第6回きらりアート展 きらりアート賞
2016年 第7回きらりアート展 きらりアート賞
2017年 第8回きらりアート展 きらりアート賞
2018年 きらりアート展6人展(熊川若狭美術館)
2019年 第10回きらりアート展 きらりアート賞
2020年 第11回きらりアート展 きらりアート大賞


岡本隆多 展


岡本隆多 おかもとりゅうた

1996年生(平成8)若狭町在住

制作前はいつも同じルーティンを繰り返す。そひて絵具をパレットにたっぷり出し、次いで先の整った細筆と中筆を選び、筆洗の水で筆を湿らせ、雑巾でいらない水分を取り、絵の具をつける。イメージがわくと、ゆっくり丁寧に几帳面に、筆先をキャンパスに置くように描き始める。描く事柄は、日常生活で見たり食したりした体験をもとに、食べ物、仕事、天気のことなどが多い。

2011年 第2回きらりアート展 審査員特別賞
2012年 第3回きらりアート展 きらりアート賞
2016年 第7回きらりアート展 きらりアート賞
2017年 第8回きらりアート展 若狭町社会福祉協議会長賞
2020年 第11回きらりアート展 きらりアート準大賞
2021年 第12回きらりアート展 きらりアート賞


田中さかえ 展

喜怒哀楽が行動に出てしまう素直な性格ゆえ作品制作に波があったが、ちいさな木片を貼り詰めるレリーフ作品に取り組んでからは、緻密な作業に集中して大作に挑み、ほぼ1年がかりで仕上げます。その間、完成へのイメージに向って、形状とサイズが異なる木片を選んで、手先の動きと共にリズム感を高めながら、広い平面に方形の立体を配する明快な構成をつくり上げていきます。
床に置かれて制作された立体が、壁に掛けられることによって、レリーフ(半立体)作品として軽やかな空間を提示しました。そのことを受けて、彩色や円形での政策に広がっています。


2011 第2回きらりアート展 きらりアート賞
2012 第3回きらりアート展 審査員特別賞
2014 第5回きらりアート展 特別賞
2015 第6回きらりアート展 きらりアート準大賞
2016 第7回きらりアート展 きらりアート大賞
2016 「きらりアート4人展」 光水画廊
2017 第8回きらりアート展 きらりアート準大賞



藤原 孝 展

藤原 孝 -Takashi Fujiwara-
2004年から日記をつけ始め、そこに挿絵として描いたイラストがきっかけで制作を始める。小学校から文字を丁寧に書くことを心がけていることにより、絵も丁寧に描いている。製作は計画通り進める。1日30分 ~ 1時間30分キャンバスに向かう。体調により描かない日もある。「放浪の旅」(左の作品)は、約200時間程かけて完成した。この作品は、2013年に描いたイラストの数々を組み合わせたもので、特徴的な直線、曲線は意図なしに自然と内面から溢れ出たものである。